ALL 子育て

寝かしつけに時間かかるようになったとき、ママが楽になる3つの方法

こんにちは。

未就園児ママのためのライフオーガナイザー®︎

many many smiley 藤井千恵です。

 

子育て中のママの大きな悩みの一つが、

寝かしつけではないでしょうか。

 

子どもの生活リズムは、

特に1歳までは

毎月のように変わりますよね。

 

私もある時期

時間かかるようになった息子の

寝かしつけには苦労していましたが、

 

ひとつのきっかけから少しづつ早く

寝かしつけが終わるようになっていきました。

 

今日は私が寝かしつけに時間かかるようになった頃、

試してみた3つの方法をご紹介します。

 

寝かしつけに時間かかるようになったとき、夕食後は電気を消してみた

 

赤ちゃんの頃の寝かしつけってミルクを飲ませて、

そのままママがすることが多いですよね。

 

我が家の息子も寝る前に必ずおっぱいやミルクを飲んで、

私の抱っこでなければ寝ない子でした。

 

そんなある日、

北海道胆振東部地震が起きました。

 

北海道全域が停電の中、

幸いプロパンガスで調理ができた我が家は

自宅で過ごしていました。

 

早めの夕食が終わると、

あっという間に部屋の中は真っ暗に。

 

するとその時パパに抱っこされていた息子が、

すやすやと静かに眠り始めたのです!

 

「暗くしたら眠るのか…!」と、

びっくりした夫と私。

 

次の日から停電が復旧した家で、

夕食後は真っ先に消灯するようになりました。

 

すると遅い日は22時頃まで寝なかった息子が、

授乳のあとは抱っこ紐で

19時には眠るようになったのです。

 

3歳になった今も夕食後は、

おもちゃを片付けて

歯を磨いて

トイレに行って

布団に入るのがルーティンに。

 

子どもは毎日同じリズムで生活するのが安心するそうなので、

そういう意味でもあの地震の日に大変な中経験したことが

我が家ではとても貴重なものとなりました。

 

寝かしつけに時間かかるようになったとき、朝は早く起こしてみた

 

朝はなるべく子どもを寝かせておいて、

できるだけ家事を終わらせてしまいたい…!

 

そう思うママも多いと思います。

 

私も朝は洗濯やご飯支度をしていますが、

息子に手がかかる時期はなかなか進まない家事に

毎日イライラしていました。

 

それでも朝は、

私が起きたら息子も起こしていました。

 

それは、

こちらの本を読んでいたから。

 

 

これは主に離乳食について書かれた本ですが、

早寝早起きの大切さについても詳しく書かれていました。

 

朝早く起こして、

夜は早く寝かしつける。

 

 

シンプルだけど、

なかなか難しいこの習慣。

 

でもやっぱりいつもより寝かしつけに時間がかかる日は、

朝起きるのも遅かった日だったんです。

 

1日息子と2人きりで過ごして、

私にとって何より必要だった夜の1人の時間。

 

その時間を少しでも早く長く作るために、

私がしていたことの一つです。

 

寝かしつけに時間かかるようになったとき、とにかく外遊びをさせた

 

子どもを外遊びに連れていくのもなかなか大変だし、

親の体力も要りますよね。

 

私も1歳を過ぎて歩けるようになってきた息子を、

公園に連れていく時間がなかなか作れず悩んでいました。

 

少しづつ家事の負担を減らして

外遊びの時間も作れるようになっていきましたが、

 

男の子で活発なせいか、

家で2人でいるより外で遊ばせている方が

精神的に楽だと思うようになりました。

 

私は自分用の車がないので、

近所への買い物や好きな図書室へ行くのも徒歩。

 

2歳を過ぎてベビーカーを嫌がるようになった息子は、

三輪車に乗るように。

 

公園の行き帰りも息子に合わせて歩いていると、

片道30分はかかります。

 

さらに線路沿いで好きな電車を見たり、

やっと公園に着いて遊び始めてからも

とにかく子どもとの時間はゆっくりゆっくり流れていきます。

 

それでも自分の好きなものを見つけて

自由に遊んでいる息子を見ながら外で過ごす方が、

私には合っていました。

 

たっぷり外で過ごした日は、

あっという間に寝ついてくれます。

 

これも早起きと同じで

雨などで外に出れなかった日は

寝かしつけも時間がかかるので、

 

息子のためはもちろん、

私のためにもなるべく外遊びの時間を作るようにしています。

 

子どもを早く寝かしつけたいのはどうして?

 

今日お伝えした

私が息子を早く寝かしつけるために実践した3つの方法は、

 

別の言い方をすると

息子を早く寝かしつけるための3つの仕組みとも言えます。

 

では子どもを早く寝かしつけたいのは、

どうしてでしょうか?

 

それは

 

少しでもいいから自分の時間を作りたい!

 

からですよね。

 

そのためには子どもの生活リズムを整えることも大切ですが、

同じくらいママの家事を少しでも短い時間で

終わらせられるように効率化していくことも重要です。

 

自分はどの家事に負担がかかっていて、

どうしたら少しでも簡単にできるようになるのか。

 

子どもが小さいうちは、

一日中ママの思うように進まないことがほとんど。

 

どんな小さなことでも良いので、

「できた!」という満足感を増やしていくことも大切です。

 

自分に合った仕組みを作っていくことで、

いつ終わるか見通しの立たない子育て中の家事も

少しづつ負担が減っていくようになります。

 

家事・片付けサポートでは、

ママが自分の時間を作っていくための

家事の仕組み化を行っています。

 

公式LINEにご登録いただきますと

まずは簡単に見直しができるポイントを

まとめた講座テキストをプレゼントしています。

 

どうぞこちらから

お受け取りくださいね。

https://manymanysmiley.wixsite.com/present

 

無料講座テキストプレゼント

家事の仕組み化でママのゆとりを手に入れる講座テキストをプレゼントしています!是非ご登録下さい♡

  • この記事を書いた人

many many smiley

藤井千恵
ライフオーガナイザー®︎
北海道札幌市在住
未就園児ママの家事・片付けの仕組み化で、ママが自分らしい心地よい暮らしを実現するサポートを行っています。

-ALL, 子育て